借金相談の用語解説 免責不許可事由とは

自己破産の免責不許可事由とは

以下のような事情がある場合、裁判所は原則として免責(自己破産)を認めません。

 

免責不許可事由の一例

  • 浪費行為があった場合(ギャンブルや遊興・買い物など)
  • 破産する前に,特定の方にだけ借金を返済した場合
  • 換金行為をした場合(クレジットカードで購入した商品を支払を終える前に転売することなど)
  • 名義等を偽ってした借金
  • 不誠実な態度(裁判所の呼び出しに理由無く欠席したり、嘘の回答をした場合など)

 

免責不許可事由があっても、諸々の事情を考慮して免責を認めることを「裁量免責」と呼びます。
実際の運用では、免責不許可事由があっても生活態度を改め、誠実な態度を示し続ければ、時間は掛かるかもしれませんが最終的に裁量免責されるケースが多いです。