借金相談 弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違い

借金問題の専門家には弁護士と司法書士がいます。
では、どちらに頼むのがよいか?

 

料金を基準にして考えると、司法書士の方が若干ですが低価格の傾向です。
それに、弁護士と聞くと敷居が高くて・・という方も多いでしょう。

 

では司法書士に頼めばよいのか?
しかし、司法書士には借金問題を扱うに当たり、次の制約が課されていますので注意して下さい。

 

それは、

@司法書士は総債権額が140万までの交渉権と訴訟代理権しか認められていないということ。

 

つまり、貸金業者やクレジット会社に対して、借金の減額や過払い金の返還は総額140万円までの主張しかできないということです。

 

相手が数社、いわゆる多重債務の状態にあると借金総額は140万円を越えていることが多いです。
仮に4社から総額500万円の借金があるとしましょう。

 

この場合でも、司法書士は任意整理の交渉はできます。
取り立てをストップさせたり、各債権者との間で弁済方法の和解をとりかわすことができます。

 

ただ、債権として主張できる権利は総額140万円までなので、弁護士なら総額160万円の過払い金返還を主張できた・・といったケースもあるということは留意しておきましょう。

 

A自己破産や個人民事再生の訴求代理は弁護士しかできない。

 

自己破産や民事再生は,地方裁判所へ申立を行う必要がありますので、簡易裁判所への訴求代理権しか持たない司法書士は行うことができません。(申し立ての書類作成業務はできます)